ベルタ葉酸はいつ解約すればいい?飲む期間と解約方法を紹介

口コミでの評価が高く、妊活・妊娠中の女性たちに愛されているベルタ葉酸ですが、解約できないという噂もあるようです。ベルタ葉酸はいつなら解約できるのでしょうか。またどれほどの期間飲むことが進められているのでしょうか。これらの点をご紹介していきます。

 

ベルタ葉酸は解約できない?

 

ベルタ葉酸は解約できない、といわれているのですがいったいどういう意味なのでしょうか。実は、この言葉の通りベルタ葉酸の途中解約はできません。しかしこれは定期購入の場合のみです。もちろん公式サイトではベルタ葉酸の定期購入では最低6回以上のお届けが必須となっておりそれを承知で購入するように促されていますので、悪質なものでは一切ございません。また、単品でも購入できますから、どちらを選ぶかは人それぞれが決めることです。

 

また、6カ月続けるなりにはそれなりのメリットもたくさんあります。単品購入は定期便よりも2000円以上高くなりますし、それを継続するとなると10000円以上の差が出ることになります。葉酸サプリは早く長く服用するものですから、定期便に縛りがあるというのも納得できるでしょう。

 

ベルタ葉酸定期コースの解約方法

 

ベルタ葉酸を定期購入した場合、いつから解約できるのでしょうか。公式サイトを見ると、「6回以上のお届けが必須になります」とありますから、7回目から解約が可能であるということになります。では、どのように解約すればいいのでしょうか。以下にまとめてみました。

 

電話受付

 

ベルタ葉酸を解約する際には、電話での受付が必須です。もちろんメールで解約したいという旨を伝えることはできますが折り返し電話がかかってきますので、手間を省くには初めから電話でした方が良いでしょう。また電話での折り返しを待っている間に解約受付期日を過ぎてしまう、可能性もありますのでご注意ください。

 

電話をかけると、解約したいと伝えても、一時中止することをお勧めされる場合があります。その場合ははっきり解約したいといいましょう。そうすると、さらに名前と電話番号を聞かれます。その後解約の理由を聞かれますので、こたえましょう。ベルタショップの公式サイトによると、解約理由が必要事項となっており、理由がない場合は解約の手続きが出来ないと述べられています。ですから電話する前に解約の理由を考えておきましょう。これだけで解約完了です。電話ですれば簡単に解約が出来ますね。

 

発送予定日10日前までに!

 

さらにベルタ葉酸を解約するときに注意しておかなければならない点があります。それは発送予定日10日前までに連絡するということです。6回目まで届いた後にすぐに連絡するのが一番良いでしょう。発送される10日前を切ってしまったら、解約を受け付けてもらえず7回目が届くことになってしまいます。よく無理やり解約するときの方法として、受け取り拒否などのものがありますが、ベルタ葉酸の場合は往復送料や梱包事務手数料など2000円以上が請求されるようですから、解約したいと伝えるタイミングを間違えないようにしましょう。

 

ベルタ葉酸を飲むべき期間

 

ベルタ葉酸は定期コースであれば、最低6カ月は飲むようになっていますが、実施あのところ飲むべき期間はどれほどなのでしょうか。厚生労働省によれば、葉酸サプリの摂取は妊娠前から妊娠3カ月までが最も摂取するべき機関であるとしています。妊娠してから3か月までに胎児の脳や脊髄の成長が行われるため胎児のリスクを減らすことが出来るといわれています。しかし、この期間だけでなく妊娠4か月目からも葉酸は普段より多く摂取するように勧められていますから、かなり長い期間摂取するべきであるということが分かりますね。

 

つまりベルタ葉酸を飲むなら、妊活を始めてすぐから妊娠4カ月ごろまで飲み続ける事、さらにそのごも継続することが進められているということになります。もしベルタ葉酸が体に合えば、定期購入で毎月決まった日に届けてくれるのはとても便利だといえますね。

 

ベルタ葉酸は単品購入か定期購入か

 

ベルタ葉酸の解約期間と方法、さらに葉酸サプリの飲むべき期間について紹介してきましたがいかがでしょうか。においや質に敏感な方は、いきなり定期購入をするのではなく単品購入をしたのちにもし体に合えば定期購入を試すという形が一番良いかもしれません。敵購入すると最低6か月間は解約できませんが、その代わりかなりお得に購入することが出来ます。ベルタ葉酸を飲むべき期間を考慮に入れると定期便は確かに多くのメリットがあると言えるでしょう。様々な口コミやうわさが飛び交うベルタ葉酸ですが、実際の成分や効能を考えると、確かに妊活・妊娠中の女性と胎児に効果を期待できるものであるといえます。自分の体や予算と相談しながら、自分にとって一番良い方法を選んでくださいね。
トップページ